CBR250RR TASC開発中 PART-2

  • 2017.10.12 Thursday
  • 12:00

Technixの井上です楽しい

 

行ってきました。CBR250RRの走行テスト in エビスサーキットグッド

お取引のある販売店様の走行会に混ぜて貰いながらのテストで1日中、様々なセッティングを試しながら沢山テストができました楽しい

 

 

 

元プロライダーで弊社テストライダーの中木がかなりのハイペースで走行テストOK

そして・・・私井上も標準的なライダーを代表しテストを敢行・・・久々のライディングで、体が痛い井上です・・・汗汗

TASCの特徴はロースピード域からしっかり効くダンピングで、しっとりとフォークを動かしタイヤをしっかりと押せるフォークへ変貌です。その動きはスタンダードと比べると1ランクも2ランクも上の上質な動きですぴかぴか

スポーツ走行をするユーザーにメチャ”オススメ”できますダイヤ

 

 

 

左側にリバウンドダンピングアジャスター、右側にコンプレッションアジャスター見る

そして、左右にスプリングプリロードアジャスターも装備拍手

アジャストで街乗りからサーキット走行、そしてレーシングユースにも幅広く調整できるワイドな調整幅が魅力ですハート

 

 

 

リアショックにはナイトロンの3WAYラッキー

フロントTASCと相まって無駄な姿勢を抑え、軽快感、安定感も抜群グッド

自由自在にマシンを操れます

 

 

仕様も決まり、部品の量産がこれから始まります

TASCは12月には受注開始できそうですツリーツリー

気になるお値段は 作業料を含めて ¥120,000(税別)です。

費用対効果は抜群!

ご依頼お待ちしております星

 

 

ショックダイノで見る リアショックのメンテナンスの必要性

  • 2017.10.07 Saturday
  • 12:00

Technixの井上です楽しい

 

近年のトライアルマシンに装着されるREIGERのリアショックが入庫してきましたおてんき

めちゃくちゃ小さいボディーでびっくりしてしまいます。ショックもメチャ軽いですびっくり

「小さい=オイルの容量も少ない=ショック(オイル)に掛かる負担も大きい」 という図式は誰でも思いそうなこと・・ニコニコ

 

私自身、REIGERのショックが初めてと言う事と、これを使用しているのはトップレベルのプロのトライアルライダーと言うことで、様々なデータ取りも兼ねてショックダイノでテストしてみましたグーグー

 

IMG_9587_640x480.jpg

ショックダイノはこんな感じで、パソコンと連動しストロークスピードに応じたダンピングフォースを測定してくれますぴかぴかぴかぴか

私がとっても好きな機械ですハート

 

因みに、メンテナンス後にダイノでテストしたショックはこんな感じのグラフ見る

(難しいので詳しい説明は避けますが・・参考までに・・縦軸がダンピングフォースで、0より上が圧側、0より下が伸び側です。また、横軸はストローク量を表し、0点がストローク量の真ん中、左右が下死点・上死点になります。)

縦横の0軸を中心に左右対称に近い形であることがよくわかり、プロが見るとダンパーがメチャ安定していることがわかります拍手

 

Trial dyno 2_640x603.jpg

 

さて、メンテナンス前のショックをダイノでテストしてみると・・

こんな感じのグラフになりました・・・冷や汗 (カタチ悪っ・・ひやひや

これは、様々な要因で内部の圧力バランスが不安定になり、ダンパーが不安定になっている事を表しています汗汗

Trial dyno 1_640x608.jpg

 

 

2つのグラフを重ね合わせてみると、どれだけカタチが違うかよく判りますニコニコ

 

Trial dyno_640x552.jpg

 

普通に乗っているだけでも、ダンパーの性能は低下していきます。毎日乗っているほど、性能低下に気付くのが遅くなります。

なぜなら、それに慣れてしまうからですしょんぼり

メンテナンスのBefore/Afterで、グラフで見るとこれだけ変わる場合もあります!!

乗ってみたら、その差の違いにほとんどのライダーがびっくりします!!!!

 

Technixでは、国内一流メーカー様を始め、海外ショック輸入元様と多くのメーカー様と直接取り引きがあり、リアショックメンテナンスに必要な純正部品の在庫量国内一を自負しておりますグッド

メーカー直結の部品供給体制と情報量、そして20年近くに渡るサスペンション専門店としての経験でお客様のご期待に応えるサービス体制を整えておりますレンチ

これから迎えるシーズンオフに愛車のサスペンションのメンテナンスを忘れずにおてんき

 

 

CRF250RALLY TGR足回りパーツ 絶賛発売中!

  • 2017.10.04 Wednesday
  • 12:00

Technixの井上です楽しい

 

PRするの若干忘れてましたが・・・汗汗

CRF250RALLYのサスペンション関連パーツ、ホイールパーツ開発完了し、絶賛発売中ですラッキー

 

まず、Technixが最も得意とするサスペンションですが・・見る

スタンダードのリアショックは、ストロークが大きく、1Gも大きく取っており前後のピッチングが過大な印象ニコニコ

そして、動きはスムースながら、どこまでも入っていき止まらない感じでバネの反力も弱く感じ腰砕け感を感じる印象ですニコニコ

フロントフォークは、減衰力が弱くバネの反力も低いので車体姿勢の変化が非常に大きく、前下がりになりがちですひやひや

CRF250Lとも全く違う味付けで、RALLY向けの特性なのかもしれませんが、私達が普通に使うフィールドでは微妙な?感じです汗

この辺を改善できれば、ストリートから林道ツーリングまで、もっと安定して楽に走れるはず!グーグー

 

そんな想いで開発開始し・・・壁掛時計壁掛時計

 

170720-1 959a.jpg

upプロライダーのアドバイスを聞きながら、サスペンションをセットアップし、私達が自信をもってオススメ出来るサスペンションやパーツ群ができあがりましたぴかぴかぴかぴか

実は、社内でのテストはもちろんですが、多くの商品やサービスは国内でもトップレベルのライダーの意見や評価も取り入れながら開発してるんです聞き耳を立てる

 

 

リアショックに関しては純正モデファイが厳しいので、TECシリーズのサスペンション新規に開発しました拍手

CRF250Lとは異なる専用のバネレートを用意し、自分たちが感じているネガをしっかり消せるようにセットアップしてます

テストには時間も掛かり、トライ・アンド・エラーの繰り返し。車体からの脱着、何回やったことか・・・たらーっ

CRF250RALLY_4_640x426.jpg

 

フロントフォークに関しては、スプリングの変更ですぴかぴか

作動量を抑えるために、バネレートを大幅に見直しました上向き

 

CRF250RALLY_9_426x640.jpg

 

 

TGRレーシングホイールもデビュー拍手

憧れのアルミ削り出しのグッドルッキングと限界までスポーク取り出しを左右に拡げることで、高い剛性を確保したファクトリー仕様のスポークレイアウトが自慢ですおてんき

 

CRF250RALLY_2_640x426.jpg

 

もちろん、ホイールベアリングシールには、SKF製のベアリングシールを採用ぴかぴか

 

CRF250RALLY_8_640x426.jpg

 

そして、仕上げは超軽量のチタンフットペグ「RAPTOR」ニコニコ

一度このステップの上で、マシンをコントロールしたら2度と手放せませんハート

最高の踏み心地です 多くのプロライダーが使うのが頷けます!!

お値段以上の価値必ず、感じることが出来ると思いますチョキ

CRF250RALLY_6_640x426.jpg

 

CRF250RALLYパーツ好評デリバリー中です路線バス

CRF250L用もございますので、お気軽にお問い合わせ下さい電話電話

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM