YAMAHA YZF-R25(RG43J) サスペンション開発開始!!

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 17:39

近年、人気のクォーターロードスポーツ(250cc)その一翼を担う新型YZF-R25の『NITRON Shock』をはじめ

フロントフォークモディファイの定番『TASC』!

また、レースユース向けフロントカートリッジKIT『TASC-JP』の開発を始めます!!

 

 

続きを読む >>

Technixのサスペンションメンテナンス ”どこがツボ”?!

  • 2019.04.29 Monday
  • 15:46

Technixの井上です楽しい

GWがいよいよ始まりましたねおてんき(Technixもショップの方は5月6日までお休みとなります。ご了承ください。)

Technixでは、例年GWまでがシーズンインの忙しさの第1ピークで今年も多くのお客様にサスペンションサービスのご依頼を頂きました。ありがとうございましたぴかぴか

その中で、「Technixのサービスの特徴は?」とお客様に聞かれたことも多く、今一度Technixのサービスのポイントをリアショックを題材にご紹介したいと思います。

 

ポイント<その1>見る
・Technixは、KYB/SHOWAなどのサスペンションメーカーや海外製サスペンション輸入元様と直結!ぴかぴか

・部品はもちろんサービスに必要な情報もメーカー直結で「確実な」サービスをお約束!ぴかぴか

・自社倉庫に国内メーカーのみならず海外メーカーサスペンションの含め消耗品部品を大量在庫し、クイックで確実作業を実現しましたぴかぴか

 

自社倉庫内部品在庫の一部

 

ポイント<その2>見る
・多数の交換部品が基本価格に含まれたコミコミ価格でご提示!内部の消耗品は原則すべてメンテナンス費用に含まれ安心価格!ぴかぴか

・もちろん交換部品は原則的に信頼の各メーカー純正部品を使用しますぴかぴか(一部例外あり)

 

コミコミ部品は・・・見る

SHOWA製を採用する”CBR1000RR”であれば・・・オイルシール、ダストシール、シャフトブッシュ、ピストンバンド、ブラダ、バンプラバーなど内部の消耗部品は全て価格に含まれます。オリジナルの外観を保つために分解時にダメージを受けるリザーブタンクのカバーも交換グッド

また、KYB製を採用する”ZX-12R”であれば・・・シールケースASSY(オイルシール、ダストシール、シャフトブッシュ含む)、ピストンバンド、ブラダ、バンプラバーなど内部の消耗部品は全て価格に含まれます。オリジナルの外観を保つために分解時にダメージを受けるリザーブタンクのカバーも交換!更に、スタンダードでメンテナンス後にガス漏れ、オイル漏れを起こしやすいガスバルブも変更し万全を期すサービスをご提供グッド

左:CBR1000RR  右:ZX-12R のTechnix標準交換部品例

 

KYB/SHOWAのツインショックでも、オイルシール、ダストシール、シャフトブッシュ(KYBはシールケースASSY)、ピストンバンド(KYB)、ブラダ、バンプラバーなど内部の消耗部品は全て価格に含まれます。オリジナルの外観を保つために分解時にダメージを受けるリザーブタンクのカバーも交換 グッド

 

左:KYBツインショック  右:SHOWAツインショック 標準交換部品

 

オフロードマシンでも同様です。左はCRF250Rの交換部品。こちらのショックには通常交換部品以外に、ピストンバンドに今世界中のサスペンションスペシャリストが注目するアフターマーケット製の低フリクションピストンバンドを標準採用!スムースな作動感を引き出しますグッド

右は、KLX/D-TRACKERのKYBモノショック標準交換部品でこちらもオイルシール、ダストシール、シャフトブッシュ(シールケースASSY)、ピストンバンド、ブラダ、バンプラバーなど内部の消耗部品は全て価格に含まれますグッド

 

 

必要な部品はしっかりと替えるのがTechnix流!そして安心のコミコミ価格ですので、追加費用の心配もありません!楽しい

 

 

ポイント<その3>見る

・サスペンション専門のエンジニアによるハイクオリティサービス!ぴかぴか
・インナーチューブやピストンロッドの研磨仕上げなど細部に渡りプロの仕上げをお約束!
ぴかぴか

 

まずは、洗浄にポイント! 洗浄液の入った高圧温水でショックを丸ごと洗うスプラッシュショットでショックの外観を全体的に綺麗にします。>>>スプラッシュショットの詳細は過去ブログでチェック  http://blog2.technix.shop-pro.jp/?eid=272

 

また、超音波洗浄機で隅々まで綺麗にし、最後に手仕上げで洗浄。とにかく、洗浄に力を入れるのがTechnix流!おてんき

繊細の組み上げを要求されるショックには汚れは大敵なのです。

(徹底的洗いますので、自家塗装品等は塗装が剥がれる可能性があります。気になる方は事前にお申し出ください。洗浄を簡易にさせて頂きます。)

 

そして、ピストンロッドをテクニクス拘りの低フリクション仕上げのマイクロスクラッチを施す研磨仕上げをし低フリクション化。オイルの充填は、パーフェクトなエア抜きを可能とする「バキュームポンプ」を用い、メーカーも使用するリアショック専用オイルを使用!長い期間に渡り、安定した減衰力を発生できるダンパーに仕上げますぴかぴか

 

 

Technixは作業スペースは全てサスペンションサービス専用のワークスペースとなっており、サービススタッフ数はレースサポート・開発スタッフも含め総勢15名!

そして全てのスタッフがサスペンションサービス専任スタッフでハイクオリティーなサービスが可能ですレンチ

 

 

以上、Technixのサスペンションメンテナンスの特徴を簡単にご紹介させて頂きましたぴかぴか

Technixだからこそ出来るサービスの理由が垣間見えたかと思います見る

 

GW明けには比較的作業に余裕が生まれます。バイクを楽しく、気持ち良く乗るためにはサスペンションのメンテナンスが欠かせません。引き続き多くのお客様のご依頼をお待ちしておりますおてんき

弊社のサービスは費用対効果の高いハイクオリティーなサービスでございますが、サービス価格は車種により変わりますので、メール等でお気軽にお問い合わせください楽しい

 

メンテナンスに+α 「XTRIGプリロードアジャスターキャンペーン」開催中!

  • 2019.01.19 Saturday
  • 13:13

Technixの井上です楽しい

 

サスペンションセッティングで最も重要なパートといえば、前後の車体姿勢。これを調整することができるのが、リアショックのプリロードアジャスター

しかしながら、ネジ式のプリロードアジャスターだと調整が難しいのが難点で、調整を諦めた方も多いかと・・・

そんな貴方に朗報ですグッド楽しい

 

リアショックのオプションパーツで「使って便利!使って納得!」の便利グッズと言えば XTRIG社のプリロードアジャスターグッド

↓こんな感じの部品です。

 

 

↓車体に付くとこんな感じぴかぴか

 

8mmのTレンチでボルトを回すことでプリロードアジャスターユニット全体が上下しますレンチ

以前にもこのブログで紹介しましたが、こんな感じでプリロード調整可能です見る

 

 

メンテナンスのついでにこのアジャスターを付ければ、セッティングの幅が拡がること間違いないですぴかぴか

 

そこで、この便利なプリロードアジャスターを多くの皆様にご使用頂きたく、XTRIGプリロードアジャスターキャンペーンを開催中ですぴかぴか

 

気になるキャンペーン内容は・・・見る

 

<キャンペーン内容>

リアショックのメンテナンス又はリバルビングをご依頼の際に同時にXTRIGプリロードアジャスターの取り付けを行った場合には、XTRIGプリロードアジャスター(定価¥16,000)を30%引きの¥11,200(税別)でお取付け致しますぴかぴか

 

<対象リアショック>

SHOWA/KYBモトクロッサー全般、WP・OHLINS-TTX等オフロードレーサー全般、OHLINS・WP・SACHS・PAIOLI・WILBERS等の46mmショック。SHOWA44mmショックなど。

・スペースやネジピッチ等の都合等で取り付けできなモデルもございます。その際には、ご了承をお願い致します。

 

詳しいラインナップは下記リストをご参照ください。

Technix GEARカタログをダウンロード頂き下記P34ページをご覧下さい。>> http://www.technix.jp/img/tgr_2018.pdf

 

なお、キャンペーンは2月末日に弊社到着分のショックへ適用させて頂きます。

 

詳しくは、 shock@technix.jp  にメール頂くか 弊社までお電話ください楽しい

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM