NEW GROM用 TASC開発完了! Z125用開発中!

  • 2016.09.11 Sunday
  • 17:58

Technixの井上です楽しい

 

2016年モデルチェンジした、GROM(MSX125)

オートバイ自体のコンセプトは面白く、遊びに使っているお客様も多いのではと思いますが・・

如何せん、前モデル同様に足回りは貧弱さは否めせんくもりくもり (車両のお値段を考えると仕方ありませんね。)

フロントフォークに関しては、ちょっとハイペースで走ろうとしただけで不安定さを感じますがく〜

バネレート不足からボトム付近まで一気にストロークして奥の硬いところでストロークが止まってしまいますし、ダンピング不足も顕著でバネバネしくしなやかさがありません撃沈

 

そこで、

Technixでは、弊社定番キットのTASC(Technix Advanced Smart Cartridge)を新型グロムにも開発グッドグッドグッド

純正内部パーツ全てを取外し、Technix製カートリッジに換装拍手拍手

そして、スプリングレートも大幅に変更した上で、スプリングプリロードも見直すことで、初期のしなやかさと奥での踏ん張り感を両立させましたラッキーラッキー

作動感は、止まっているバイクを押しただけで違いがすぐ分かるほど激変します!

 

 

トップボルトにはコンプレッション・リバウンドの両ダンピングアジャスターを装備びっくりびっくり

ストリート〜サーキット走行、そして多くのレベルのライダーの好みに合わせてセッティング変更が可能ですグッド

気になる価格は、フロントフォーク単体でのお持ち込み頂き、部品代・オイル代・作業料を含めて ¥80,000

(税・消耗品は別です。)

Technixが社内で開発・テスト・組み立てまで行ってますので費用対効果はバツグンです!

 

 

そして、カワサキから登場したZ125・・見る見る

このフォーク、基本的には1990年頃発売されたKSRシリーズのフォークとほとんど変わりません冷や汗

時は流れ2016年ですよ・・25年以上経った今でも同じ構造って、やはり無理がありますよね・・あせあせ

 

 

こちらもTASCキットを現在誠意開発中ぴかぴかぴかぴか

1ランク、2ランク上の上質な作動感を生み出すフォークへ変貌させるつもりです

ただし、難易度がかなり高いのでお時間がまだまだ掛かりそうです

今しばらくお待ち下さい晴れ

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM