Technix Advanced Smart Cartridge"TASC"特注製作ZZR1100-C

  • 2016.11.19 Saturday
  • 20:25

好評いただいております

Technixフロントフォークモディファイ『TASC』

特注依頼を受けましたKAWASAKI ZZR1100-Cのご紹介です。

STDフロントフォークの弱点を補うべくTASC キットの特注依頼をいただきました。

 

純正ではオリフィス式のダンパーを採用するZZR1100-C。

減衰力の不足からフォークの作動スピードが速く、バタバタと落ち着かない。

スプリングレートも低く、タイヤの接地感も感じずらい。

層シム型バルブシステムを用い完全カートリッジ化を図り、フルアジャスタブル式に変更。
片側をコンプレッションダンパー、もう片方をリバウンドダンパーの左右独立調整式システムに大きく変更。
COMP、REBOUNDともにフォークトップ側で調整が可能。
スプリングレートを見直し最適化を図る。
お客様のご依頼で『TNK INNER TUBE』CUSTOMIZED SERIES "GOLD"を組み込みました。
もちろんフォークシールは『SKF Fork Seal』!!
今回のご依頼で変更がない個所はアウターチューブのみ!!
ダイノテストと実走行テストで、様々なライディングフィールドのセッティングデータをチャート化し仕様を決定。
STDのコンプレッションは初期からほとんど変化がないダンパーカーブを描く、
リバウンドでも全域で減衰力が不足がちで、調整幅も狭く、必要な減衰力が得られずタイヤを押す力が弱いことが想像できます。
一方、『TASC』ではストロークスピードの変化に応じてリニアに減衰力が変化していることが読み取れる。
ワイドな調整幅を持たすことで、ストリートからスポーツ走行まで幅広いシチュエーションで最適な特性を得ることが可能に。
詳しい仕様、価格に関しましてはスタッフまでお問い合わせください。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM