RMZ450 ダートトラック用モデファイ Part2

  • 2017.06.13 Tuesday
  • 12:06

Technixの井上です楽しい

今日は、RMZ450のダートトラック(DTX)のサスペンションモデファイ続編ですぴかぴか

因みにPart1はこちら(http://blog2.technix.shop-pro.jp/?eid=252

このマシンのライダーはTechnix FBで動画を紹介している”オートバイでリンボー” が話題の ”大森雅俊”選手!

脅威のバンク角で魅せる走りも出来る、海外レース経験も豊富なダートトラック界のトップライダーです拍手

外装なしですが、納車!?記念にカメラ 大森選手、最近は常陸大宮大使も務め、街のPR活動にも積極的に取り組んでいるそうです拍手

IMG_9461_480x640.jpg

 

今回モデファイした肝心な足回りは・・・見る

モトクロッサーとは思えないストロークの短さに大幅にモデファイし、DTX向けへ大きな変貌を遂げましたラッキー

IMG_9455_640x480.jpg

 

気になるモデファイの内容はと言うと・・・

DTXのサスペンションを作るポイントは幾つかあり、企業秘密マル秘も多く詳細は言えないのですが、モトクロッサーに求められるサスペンションとは全く違うと言う事だけは確実に言えます・・・(大きなジャンプもありませんしね)

 

フロントフォークは ”リバルビング ”し減衰特性を完全に見直しますぴかぴか

SFF-AIRでトライしているので、「AIRスプリング」なので、フォークスプリングは気にしなくて良いのが◯ ラッキー

SFF-AIRのDTX・・新たなトライですが、サスペンション一筋20年近い経験と勘から何をすべきか何となく判りますおてんき

downコンプレッションベースバルブ 大幅に変更

IMG_9445_640x480.jpg

downミッドスピードバルブ&リバウンドバルブも全くOEMとは違うセットに・・

IMG_9446_640x480.jpg

 

そして、DTXで最も嫌なフリクションの低減に「SKF GLIDE KIT」を投入グッド

作動性の向上が期待できますラッキー

IMG_9447_480x640.jpg

 

リアショックもピストンから変更し、減衰特性を変更ぴかぴか 結構なビッグチェンジですグッド

IMG_9451_640x480.jpg

その他にも、スプリングレートの変更など変更し、トラクションをしっかりと得られるリアショックにするのが私の仕事です楽しい

 

フロントフォークとリアショック以外に重要なのが車体のディメンション聞き耳を立てる

これ、DTXでは凄く大事ですラッキー 

現在、大森選手がベストで完璧と高く評価している車体を、弊社自慢のMEGA-MAXで計測しデータを出しますラッキー

キャスターとトレール量は内緒でモザイクさせて貰いましたマル秘

2014 RMZ450-DTX Omori Masatoshi CMS-001 (1)_452x640.jpg

新車の方もサスペンション・ホイールを付けて実測し、現在のベストの車両と比較し、

前後の車高を微調整しディメンションを近似値にするのですダイヤ

IMG_9459_640x480.jpg

 

マシンは取り敢えず、乗れる仕様になったので、この後は実走行してライダーの印象を聞きながら最終セットアップになりますおてんき

次回は、実走行セットアップ編をなんとかアップしたいと思ってます。いつセットアップに行けるかな〜汗汗

ではパー

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM