極上の作動感を!GSX-S1000 フロントフォークリバルビング!!

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 17:08

Technixの井上です楽しい

 

スーパースポーツ譲りのエンジンと足回りを兼ね備えるハイパーネイキッドGSX-S1000!

2015年登場以降、大きなモデルチェンジも無くロングセラーの人気のビッグバイクの1台ですね楽しいグッド

 

 

気になる足回りはというと・・・見る

ストリートユースでは、初期のハリ感からギャップを拾い硬さを感じることもしばしば。また、しなやかさがなく、路面の悪い所では接地感も薄く感じ、ライダーにフォークの動きが伝わりづらい部分もあります・・・峠道なんかを心地良いペースで走っていても、その辺は感じるライダーもいると思います。

そんな不満を解消できるのでが、Technixのフォークリバルビングサービスですグッド

 

リバルビングとは、内部パーツの減衰力を発生するバルブをリセッティングすることで。Resetting + Valving=Revalvingと言う感じでしょうか!?

なお、Technixでは、バルブの変更だけでなく車種ごとにトータルでモデファイしており、リバルビング+αの作業を行い車種ごとに最適化を図っておりますラッキー

バルブの設定変更をし、Technixで減衰力特性を見直すと・・こんな感じになります。

 

赤線がスタンダード、青線がTechnixリバルビングです。実線が、アジャスター最弱。破線が、アジャスター最強値を表しています。ひと目で分かるのは最弱ー最強の幅が広いと言うこと。減衰力をしっかりと出し、スプリング主体のバネバネしい動きからダンパー主体のしっかりとした動きにするのが狙いですぴかぴか

 

また、GSX-S1000ではスプリングレートを上げ、プリロード量を見直し、低速域での減衰力を上げ初期でのしなやかさと奥ではしっかり踏ん張りを両立させました。これにより、接地感を増すと共に、リバウンドストロークを十分に取ることができ、乗り心地とギャップの吸収性が格段に向上!スタンダードと比較して初期作動からしなやかさがあり、極上の作動感にアップグレードです楽しい

 

 

ワイドに取った調整幅と低速の減衰もしっかりついている事から、ストリートからサーキットユースまで対応可能で、特にツーリングからスポーツ走行まで、上質な動きなフォークの動きを求めるライダーにオススメのサービスメニューと言えますグッド

 

Technixのサスペンションテストは、速く走るためでは無く、ツーリングやワインディングで一般ユーザーが気持ち良く楽しく安全にバイクに乗ることを想定しセットアップしていますので、その効果はどのスキルのライダーにも体感可能ですラッキー

GSX-S1000乗りのライダーでサスペンションの動きにお不満をお持ちの方やもっと楽しく走りたい方は是非ご相談ください楽しい

 

気になる費用は・・・見る  

リバルビング、コンプレッションアジャスター変更、リバウンドニードル変更、スプリング変更など含めて

¥100,000(税別)  となります。

 

Technixだからできる、誰でも体感できるパフォーマンスUPで、費用対効果は抜群ですぴかぴか

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM