Technixのサスペンションメンテナンス ”どこがツボ”?!

  • 2019.04.29 Monday
  • 15:46

Technixの井上です楽しい

GWがいよいよ始まりましたねおてんき(Technixもショップの方は5月6日までお休みとなります。ご了承ください。)

Technixでは、例年GWまでがシーズンインの忙しさの第1ピークで今年も多くのお客様にサスペンションサービスのご依頼を頂きました。ありがとうございましたぴかぴか

その中で、「Technixのサービスの特徴は?」とお客様に聞かれたことも多く、今一度Technixのサービスのポイントをリアショックを題材にご紹介したいと思います。

 

ポイント<その1>見る
・Technixは、KYB/SHOWAなどのサスペンションメーカーや海外製サスペンション輸入元様と直結!ぴかぴか

・部品はもちろんサービスに必要な情報もメーカー直結で「確実な」サービスをお約束!ぴかぴか

・自社倉庫に国内メーカーのみならず海外メーカーサスペンションの含め消耗品部品を大量在庫し、クイックで確実作業を実現しましたぴかぴか

 

自社倉庫内部品在庫の一部

 

ポイント<その2>見る
・多数の交換部品が基本価格に含まれたコミコミ価格でご提示!内部の消耗品は原則すべてメンテナンス費用に含まれ安心価格!ぴかぴか

・もちろん交換部品は原則的に信頼の各メーカー純正部品を使用しますぴかぴか(一部例外あり)

 

コミコミ部品は・・・見る

SHOWA製を採用する”CBR1000RR”であれば・・・オイルシール、ダストシール、シャフトブッシュ、ピストンバンド、ブラダ、バンプラバーなど内部の消耗部品は全て価格に含まれます。オリジナルの外観を保つために分解時にダメージを受けるリザーブタンクのカバーも交換グッド

また、KYB製を採用する”ZX-12R”であれば・・・シールケースASSY(オイルシール、ダストシール、シャフトブッシュ含む)、ピストンバンド、ブラダ、バンプラバーなど内部の消耗部品は全て価格に含まれます。オリジナルの外観を保つために分解時にダメージを受けるリザーブタンクのカバーも交換!更に、スタンダードでメンテナンス後にガス漏れ、オイル漏れを起こしやすいガスバルブも変更し万全を期すサービスをご提供グッド

左:CBR1000RR  右:ZX-12R のTechnix標準交換部品例

 

KYB/SHOWAのツインショックでも、オイルシール、ダストシール、シャフトブッシュ(KYBはシールケースASSY)、ピストンバンド(KYB)、ブラダ、バンプラバーなど内部の消耗部品は全て価格に含まれます。オリジナルの外観を保つために分解時にダメージを受けるリザーブタンクのカバーも交換 グッド

 

左:KYBツインショック  右:SHOWAツインショック 標準交換部品

 

オフロードマシンでも同様です。左はCRF250Rの交換部品。こちらのショックには通常交換部品以外に、ピストンバンドに今世界中のサスペンションスペシャリストが注目するアフターマーケット製の低フリクションピストンバンドを標準採用!スムースな作動感を引き出しますグッド

右は、KLX/D-TRACKERのKYBモノショック標準交換部品でこちらもオイルシール、ダストシール、シャフトブッシュ(シールケースASSY)、ピストンバンド、ブラダ、バンプラバーなど内部の消耗部品は全て価格に含まれますグッド

 

 

必要な部品はしっかりと替えるのがTechnix流!そして安心のコミコミ価格ですので、追加費用の心配もありません!楽しい

 

 

ポイント<その3>見る

・サスペンション専門のエンジニアによるハイクオリティサービス!ぴかぴか
・インナーチューブやピストンロッドの研磨仕上げなど細部に渡りプロの仕上げをお約束!
ぴかぴか

 

まずは、洗浄にポイント! 洗浄液の入った高圧温水でショックを丸ごと洗うスプラッシュショットでショックの外観を全体的に綺麗にします。>>>スプラッシュショットの詳細は過去ブログでチェック  http://blog2.technix.shop-pro.jp/?eid=272

 

また、超音波洗浄機で隅々まで綺麗にし、最後に手仕上げで洗浄。とにかく、洗浄に力を入れるのがTechnix流!おてんき

繊細の組み上げを要求されるショックには汚れは大敵なのです。

(徹底的洗いますので、自家塗装品等は塗装が剥がれる可能性があります。気になる方は事前にお申し出ください。洗浄を簡易にさせて頂きます。)

 

そして、ピストンロッドをテクニクス拘りの低フリクション仕上げのマイクロスクラッチを施す研磨仕上げをし低フリクション化。オイルの充填は、パーフェクトなエア抜きを可能とする「バキュームポンプ」を用い、メーカーも使用するリアショック専用オイルを使用!長い期間に渡り、安定した減衰力を発生できるダンパーに仕上げますぴかぴか

 

 

Technixは作業スペースは全てサスペンションサービス専用のワークスペースとなっており、サービススタッフ数はレースサポート・開発スタッフも含め総勢15名!

そして全てのスタッフがサスペンションサービス専任スタッフでハイクオリティーなサービスが可能ですレンチ

 

 

以上、Technixのサスペンションメンテナンスの特徴を簡単にご紹介させて頂きましたぴかぴか

Technixだからこそ出来るサービスの理由が垣間見えたかと思います見る

 

GW明けには比較的作業に余裕が生まれます。バイクを楽しく、気持ち良く乗るためにはサスペンションのメンテナンスが欠かせません。引き続き多くのお客様のご依頼をお待ちしておりますおてんき

弊社のサービスは費用対効果の高いハイクオリティーなサービスでございますが、サービス価格は車種により変わりますので、メール等でお気軽にお問い合わせください楽しい

 

業務多忙&拡大に付きスタッフ募集!

  • 2019.04.09 Tuesday
  • 19:40

Technixの井上です楽しい

弊社では現在、サービススタッフ、広報スタッフ、海外担当営業スタッフを募集しております見る

 

Technixは20名を超えるスタッフが活躍する国内最大規模のサスペンションメンテナンスファクトリーですラッキー

その中でも花形言えるのは「サービススタッフ」!

Technixが最も力を入れるサスペンションサービスや、世界一を自負する高い組付け精度を誇るTGRホイールの組立などTechnixならではの仕事をしていただきますグッド

一人前になるには時間が掛かりますが、専門的な分野で活躍したい方や技術を身につけたい方にはチャンスが無限大ですぴかぴか

 

海外担当営業は、その名の通り弊社のサービス力や各種サスペンション関連部品を海外へPRすること、そして弊社と取引のある海外企業とのやり取りを行なう、主に営業職となります楽しい
弊社の取引先は、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、北米と20カ国以上!

2019-2020年は特に東南アジア地域に力を注いでいく計画です。

バイク業界で語学力を活かした仕事で活躍したい! そんな貴方に最適な仕事です。

(最低限の英会話力とEメールで英語のやり取りができるスキルが必要になります。)

 

広報スタッフには、常に動いているアクティブなTechnixの情報発信をしていただきます楽しい

レースサポートや新商品、新サービスの開発など発信したい情報が盛りだくさんです。情報発信で、Technixのサービス、商品の魅力を日本のみならず、世界に拡げてTehcnixのファンを増やすのが仕事です。決まったやり方はありません。貴方の自由な発想力で仕事ができます。

 

 

そして、Technixでは2019年内に新規事業部の発足を計画しています。

機械イジりは苦手・・・語学スキルも・・ という方でも、「人と話すことが好き!」「営業職が向いている!」という方にもTechnixの仲間に加わって頂けますグッド

新規事業部はその名の通りゼロからスタートです。事業を育てていく過程を楽しめるやりがいのある仕事です。

 

詳しくは こちら JOBIKEのサイトをご覧ください! >>>    https://job.webike.net/18147/

新規事業部はJOBIKEサイト内にはありませんが、ご応募可能です。

お待ちしておりますぴかぴか

 

 

 

レースシーズンいいよ到来!!

  • 2019.03.08 Friday
  • 20:32

まだまだ寒い時期ですが、レースシーズンがいよいよ始まります。

Technixでは今シーズンJP250クラス参戦の『Team t2y #52 山口 辰也』選手の足回りをサポートいたします。

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM