リアショック 高圧窒素ガスの役割とメンテナンスの必要性!?

  • 2017.05.29 Monday
  • 17:49

Technixの井上です嬉しい

 

多くのリアショックには高圧窒素ガスが入ってます。また、定期的なメンテナンスが必須なのです。

なぜ、定期的なメンテナンスが必要なのか・・・ガスの話を一例にご説明しますラッキー

 

リアショックに貼ってあるステッカーを見ると、「高圧窒素ガス入り 危険」とか書いてあるのご覧になった方も多いと思います見る

(↓こんな感じに)

17052902_480x640.jpg

この「高圧窒素ガス入り」って、どういう事!?と思う方も多いと思いますふぅ〜ん

また、弊社に良くあるお問い合せが、「ガスが抜けたから、ガスを入れて・・」と言うお問い合せをよく頂きます電話

 

 

まず、一般的なリアショックの内部ですが、オイル(当然ですが)とガス室に分かれています。

上の写真のショックで言えば、「WARNING」の上側辺りまでがオイル、下側がガスの部屋だと思って貰って結構です聞き耳を立てる

 

仮に・・・「WARNING」の下側も含め、ショック内部が全部オイルだったらどうなると思いますか?

答えは、ショックとして全く機能しません。と言うか、動きません・・ピストンロッドがダンパーボディーに入ることが出来きないのですびっくり

 

「WARNING」より下側の僅かなスペースにガス室が出来るだけで、ピストンロッドがダンパーボディーに入り、ストロークすることが出来るようになります。

理由は、オイルは圧縮することが出来ませんが、気体は圧縮することが出来るからですYES!

ガス室がピストンロッドの体積分圧縮されて、ピストンロッドをダンパーボディー内に受け入れてくれるのです。

 

これが、ガス入りの最初の理由ですぴかぴか

 

 

次は・・・このムービーご覧下さい見る

私たちは、ショック内部で何が起こっているか目で確認することが普通はできません工具工具

Technixの好奇心旺盛なスタッフ達は、何がそこで起きているのか目で見たくてみたくて仕方ないので、クリアのシリンダで実際にショックを動かして見ましたびっくり

 

 

 

最初は高圧ガス入ってません。

ガスを入れずに、ショックを作動するとシリンダー内部が泡泡なのがわかると思いますくもり

これは、ピストン運動中にピストンの上下で負圧が発生し、オイル中に溶解している空気がオイルから引っ張り出されて起こる現象です。(オイルはそれ自体に数%の空気を持っており、ショックをエア抜きしてもその空気は無くなりません。)

そして、ガスを入れると一瞬で消えて無くなる事がわかると思いますびっくり

 

これが、第2の理由です。ショック内部の圧力バランスを安定させて、オイルから空気が引っ張り出されることを抑えているのですね〜

 

 

この窒素ガス・・・長くショックを使っていると少しづつガス圧が低下してきますあめ

そこで、「ガスが抜けたから、ガスを入れて・・」と言うお問い合せを頂くわけですが、抜けた窒素ガスどこに行くのでしょうか!?

 

17052901_480x640.jpg

これが答えです見る

そうです。ガスの多くは、オイル室とガス室の仕切から少しづつ、抜けてオイル室に入っていってしまうのですびっくり

抜けたからガスを入れても、オイルは泡泡・・・ダンパー本来のパフォーマンスはとても発揮できませんNO!NO!

つまり、「ガスが抜けたからガス入れて・・」は意味がなく、ガスが抜けたら必ずメンテナンスが必要なのです。

 

また、ガス圧はフロントフォークの油面の調整の様にセッティングツールとしては一般的には使われません。

油面の様に奥での踏ん張りを持たせたいから、ガス圧高くと言う訳にはなかなか行かんのですひやひや

ガス圧の影響が最も現れるのは、ビギニングです。イメージだとスプリングのプリロードアジャスターの様なイメージです。

高くすれば、プリロードを張った様な感じに、低ければプリロードを抜いたような感じになります聞き耳を立てる

走行中又は後に温度の影響でガス圧が高まり、リアが高く感じた経験のある方もいらっしゃると思います。それが、まさにガス圧の影響で、スプリングプリロードを掛けた様なイメージと言う意味合いなのがわかるケースだと思いますワッ!

いずれにせよ、普通は調整箇所では無いので内部のプレッシャーバランスを損ねない為にもメーカー指定値が基本ですグッド

 

定期的な、オイル交換・メンテナンスが必要な理由わかって頂けましたか?るんるん

 

では、またパーパー

 

サスペンション用バルブシム WEBショップで発売開始!

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 09:21

Technixの井上です楽しい

 

サスペンションモデファイで必須のシム・・・なかなか手に入りづらいと言うことで、他のサス屋さんやDIYチューナーさんから頻繁にお問い合せ、ご注文頂いたりしておりますおてんき

 

実は、Technixでは常時100,000枚以上のシムを在庫してるんです。。おそらく、メーカーを除けば日本一の在庫と思います王冠2

(プロモーションしてないので誰も知らなかったと思いますが汗

 

 

そこで、弊社で「販売用」として持っているシムをWEBショップ上にアップ致しましたぴかぴか

 

http://technix.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2123062&csid=0

 

弊社で使用するシムは、誰もが知る有名サスペンションメーカーが使用するものと同一の「MADE IN JAPAN」のハイクオリティシムですグッド

価格は、¥1,500/10枚セットですお金

 

頻繁に使用する、6mm、8mm、12mm内径のシムを取り敢えずアップしております

それ以外のサイズに関しては、別途お問い合せ下さいメールブルーメールブルー

 

サス屋さんからのご注文も大歓迎ですグッド 

WEBでは載せることの出来ない消耗品類もサス屋さん向けに販売可能です。

「こんなの持ってる?」とお気軽にお問い合せ下さいおてんき

 

 

RMZ450 ダートトラック用モデファイ Part1

  • 2017.05.22 Monday
  • 08:33

Technixの井上です楽しい

 

ジャンルを問わずオートバイ用サスペンションのモデファイを得意とするTechnixですが、ダートトラックのサスペンションも10年以上に渡り携わっておりますおてんき

 

最近では、日本のみならず世界で活躍するトップライダーの大森雅俊選手のサスペンションをここ数年手伝わせて頂いておりまして、大森選手曰く「Technixのサスペンションでなくては戦えない」そうですニコニコニコニコ

大森選手はレースで速いだけでなく、ド派手なコーナリングで見せるライディングも得意としていて各地でデモラン・パフォーマンスショーも開かれるなどパフォーマーとしても活躍中ですぴかぴかぴかぴか

downこの深いバンク角・・ハンドルを地面に擦りながら走ってます・・びっくりびっくり(私なら確実に転倒です汗

 

そんな大森選手が、今シーズン用のマシン「RM-Z450」を弊社に持ってきてサスペンションモデファイを今年も依頼されました

マシンは2016年モデルの新車で、これをダートトラック用にサスペンションをモデファイですグッド

 

その前にTechnixで新たに導入したシャシメジャリングシステム「MEGA-MAX」で車体のディメンションの測定です見る

まず、ダートトラックマシンのようにスタンダードから大きくディメンションを変更する大きな仕様変更では、標準のディメンションを把握する事が第一歩になります豚

IMG_9412_640x480.jpg

 

IMG_9413_640x480.jpg

 

数値で標準状態を理解することで、タイヤの外径が変わったり、車高が変わったりする事でどのようにディメンションが変わり、どのようなネガが予想され、どのようにすればそのネガを解消できるかシュミレーションすることができます見る見る

 

RMZ450FRAME_494x640.jpgRMZ450CMS_452x640.jpg

 

お客様にご依頼頂きますと、up上記の様な形でメインフレームの状態(曲がり・捻じれの有無)とキャスター・トレール量など車体のセッティングに欠かせない情報をプリントアウトしお渡し可能ですラッキー

 

また、コンピューター上でシュミレーションも可能で・・・見る

例えば、このRM-Z450にモタードの17インチホイールをそのまま履かせたらどうなるかシュミレーションできますびっくり

 

17inch化_640x359.jpg

ちょっと見づらいですが、キャスターが立ち、スタンダードで119.3mmあったトレール量が、なんと84.5mmと極端に少なくなってしまっていますあせあせ

このトレール量の少なさがモタードではハンドリングに大きな問題を生じますNO!NO!

 

そこで、弊社取り扱いのXTRIGのSM用トリプルクランプを装着したと想定してオフセットを変更してシュミレーションしてみると

 

XTRIG SM_640x359.jpg

93.9mmまで、トレール量が回復した事がわかります。YES!

モタードでは、その他車高など調整して、理想的なトレール量への変更をしますグッド

 

こんな事が工夫次第でイロイロできて足回りを専門とする弊社では非常に便利な機械なのですおてんき

(新しく導入したので、まだまだ勉強中ですが汗))

 

その他にも、事故でフレームの曲がり判断が難しい場合や交渉が難航している場合などにフレームの診断も可能ですし、足回りを改造してディメンションがわからず上手く走らないマシンなどのセットアップにも活かせます拍手

 

と、RM-Z450のダートトラック話から少し逸れてしまいましたが、明日からはダートトラック向けのサスペンションモデファイに取り掛かります。SHOWAのSFF-AIRのダートトラック仕様を初めてですが、頑張って作ってみたいと思いますラッキー

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM